第6回四国生物多様性会議のお知らせ

「とても重要なお知らせ」
いよいよ第6回四国生物多様性会議が2月19日須崎市立市民文化会館にて開催されます。
今回は同時開催として「ふるさとのいのちをつなぐ」と題して、高知生物多様性ネットワークが主体となり、「食」をテーマとした楽しげなお祭りを同時開催。
なかなか普及が進まない『生物多様性の保全』の重要性を多くの県民に知ってもらうために、県民の関心を集めやすい『食』をテーマにして展示やワークショップを実施すると同時に、生物多様性の保全に配慮した食品や飲料を実際に試食できるスペースを設けて、日々の食がどのように生物多様性に支えられているか、生物多様性が失われるとどんな影響があるかを考えてもらうことを目的にしますよ~
四国生物多様性会議のほうは四国において生物多様性の保全に取り組む主体が相互に学びあい、情報を共有することを目的に世界や国の生物多様性を巡る動向、四国4県の取組も紹介します。
中味は・・・・・
食に関する物販や試食を中心に生物多様性の恵みを体感できるスペースを展開します。
また、サイエンスカフェ・スタイルの講演やワークショップを開催しますよ!
そして、生物多様性関連の図書・絵本、生物標本を含む資料、映像等を専門家が解説しながら展示・上映し、自然科学系にこだわらず、食文化や農林水産業、昔話など、生物多様性の幅の広さを反映する。子供や親子が座って読める、楽しい空間とし、読み聞かせもやります。(多分)
さらにさらに四国4県を含む各地の団体や個人等による生物多様性保全に関わる取り組みを紹介するポスター掲示も行います!!
専門家から面白そうやな覗いてみるか?と言うご家族連れも楽しめる1日になります!ぜひ2月19日は須崎市にお越しください!
モノサシチームも成果発表します!多分。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =