室戸市日南(ひなた)地区へ行ってきました

「室戸市日南(ひなた)地区へ行ってきました」
南西方向に開けた川沿いに田畑が広がり、周りを山で囲まれた静かな谷。
文字通り、日当たりのよいところであり、きれいな川(東の川)が流れています。
農林産物も多く、一見のどかで安定したところに見えますが・・・
日本のどこでも直面している課題のいくつを抱えています。
地域の持続という視点で「モノサシ」を考えるべきだろうなと思い始めて1年半ほどたちました。
自然資源・自然資本が地域の力であり、その持続的活用には人の知恵と力が必要です。
自然資源を活かした地域の持続のために「外の力」に何ができるのだろか?日本中で同じような取り組みがなされていますよね?やはり横展開のためには課題別の作業部会かなと。
SDGs目標はこういう時こそ使えると思うのですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 8 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください