休耕地はモノサシになるか?

「休耕地はモノサシになるか?」
地域の具合を判断するときに私は農地の状況をモノサシにできないか考えています。
現状維持が0としたら、放棄はマイナス。休耕地が復活したらプラス。
このプラスの相乗効果がさらにプラスを生む。
取り組みが人を呼び、人がさらに人を呼ぶ。そのうちお金も。
確かに夢みたいな話です。農業で儲けることが難しいことはよく存じ上げています。私自身が販売農家ですから。
でも、この平山での取り組みがもしかしたら地域の新しい「価値化」を引き出せるかも?と。
コンサルやプロモーターでもない普通の人たちだからこそできるかもしれないと。
今日久しぶりにこの畑に出向いて・・・不思議な愛着を感じました。10数年前に就農した時に感じた感触に似ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください